×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オメガの歴史を紐解く

ロレックスやタグホイヤーと並んで超が付くほどの人気腕時計ブランド「オメガ」。スピードマスター、シーマスター、デビル、コンステレーションなど人気シリーズが展開されています。また、オメガは歴史のある時計だけにアンティークもかなりの人気を誇ります。まずはその歴史を紐解いてみましょう!オメガの誕生は1848年・スイスです。ルイ・ブランが開いた時計工房がその始まりと言われています。「オメガ」という言葉は、「これ以上の到達は不可能であり、最高・完成形である」という意味を表すギリシャ語で最後のアルファベットΩ(オメガ)から来ているのです!1932年のオリンピック(ロス)では、全種目の公式時計にオメガが採用されるなど、世界的な偉業も達成してきました。有名な話はまだまだあります。NASAが宇宙での時計の耐久テストを実施しているのですが、衝撃や強い磁場、無重力など全ての条件に耐え切ったのがオメガ スピードマスターなのです。シーマスターは深海250メートルまで潜り、耐水圧記録を更新しています。このように、実績に裏打ちされた高性能腕時計がオメガなのです!

オメガを正規店でお得に購入!
↓↓↓

>>オメガのお買い得販売店<<

オメガ人気シリーズ@スピードマスター

【オメガスピードマスター】

まずはスピードマスターです。なんと言っても”月に降り立った世界で唯一の時計”ということで有名です!1969年、NASA(アメリカ航空宇宙局)が宇宙での耐久テスト(数社のクロノグラフを買って)を実施しました。宇宙に時計を持っていくという発想がなかなかスゴいです。そもそも宇宙で腕時計は使わないだろっ!っていう突っ込みはなしで(笑)。この時、様々な過酷な条件に見事耐えたのがオメガスピードマスターなんです。私が一番スゴいなと思ったのは、−18〜+93℃という温度でも寸分の狂いもなく時を刻んでいたという結果です。ここも「そんな温度のところで時計は使わない!」なんて突っ込みは止めて下さいね(笑)1969年には、アポロ11号で月に向かいます。あのアームストロング船長の腕に巻かれていたのがオメガスピードマスターなんですよ!これにより、「ムーンウォッチ」とも呼ばれるようになります。当時から比べると今では技術的にもかなりの進化がありますが、月で実際に使われた時計は後にも先にもオメガスピードマスターが始めてなんです!

オメガ人気シリーズAシーマスター

【オメガシーマスター】

オメガシーマスターは元々、イギリス軍からの開発依頼があって作られた時計です。それを、海中での調査に使えるように更に進化・改良させたものがシーマスターなんです。1970年の油田探査(ヤヌス計画と呼ばれています)の際にオメガシーマスター600が使われ、ダイバーと共に水深250メートルまで潜ることに成功。耐水圧の新記録を見事に樹立しました!!また1981年にはフランス人ダイバー、ジャック・マイヨールがフリー・ダイビングで101メートルの新記録を更新した際、その腕に巻かれていたことでも有名です。まさに”真のダイバーズウォッチ”として、オメガシーマスターが世界に知らしめた瞬間でもあったのです。特筆すべきはダイバーズウォッチの割にはシンプルな設計であること。これが人気の秘密でもあります。もう1つ有名な話をご紹介しましょう!オメガシーマスターは、あの映画「007」の17作目以降でジェームズ・ボンドが使っていたことでも大変に有名です。有名ブランドには有名愛用者アリ!ですね。

Copyright © 2008 人気のオメガ(スピードマスター、シーマスター)

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。